三月の「お題」決定!♪

春なんであります。若干のとまどいはあるものの怒涛のような春はもうすぐそこまで来ているのであります。(と、レンズ地獄風に切り出してみる)
弥生三月のこの佳き日、全日本味噌煮込写真協会の栄えある第一回フィルム写真大賞ただし賞品賞金なしを頂戴し、三月の「お題」提出をおおせつかり眠れぬ一夜を過ごしました。

朝が来て睡眠不足のドタマでつらつら「お題、お題」と考えているとふと耳に心地よい鳥の声、堰を切ったように湧き上がるポエジー、しかし凡庸にも以下のような唐詩がボーッとした脳内にぽっかり浮かんできたのであります。


「春暁」
唐・孟浩然(もうこうねん)(689~740)

春眠不覺暁         春眠 暁を覚えず
處處聞啼鳥         処処(しょしょ) 啼鳥(ていちょう)を聞く
夜来風雨聲         夜来(やらい) 風雨の声
花落知多少         花落つること 知るや多少(いくばく)


f0214599_3251990.jpg


そうなのです、春は眠いのです。そこでお題は、

<眠い>

当初は<眠い描写>としたほうがよい、と思ったのですが、いつもピンアマ写真のボツの山を気づいている某人にあまりに有利と想いおよび、ただの<眠い>というのがまあ穏当でよかろう、しかもちょっとイジワルな「お題」なのでもあります。♪

ということで会員諸君諸嬢 のみなさま、テキトーに遊んでくださいまし。
[PR]
by misophotographers | 2010-03-12 03:26 | お知らせ